お知らせ

FPGAマガジン最新号 No.14 好評発売中!!

大変遅くなりました!MAX10-FB基板用ベース・ボードMAX10-BASE1ボード、好評発売中です!!


DE0&DE0-nano用拡張ボードの購入はこちらから…(入荷しました!)


抽選で読者プレゼント(各種評価ボード)が当たる!!
FPGAマガジン No.14の読者アンケート・ページはこちら…


最新号

FPGAマガジン No.14

好評発売中!

知らないと乗り遅れる!

XilinxもAlteraも無償時代!最新C開発ツール大研究

ツール1:最新C合成!無償Vivado HLS

ツール2:本誌限定無償版!Altera SDK for OpenCL

ワンチップMAX10:内蔵ADCでIoTセンシング


7月25日発売開始 定価 2,200円(税別)

目次を見る    ご購入はCQ Shopで


※ダウンロード版(PDF)も好評発売中!
http://cc.cqpub.co.jp/lib/system/doclib_item/1126/

 

FPGAマガジンについて

 

 FPGAが世の中に登場して20数年が経ちました.当初は価格も高くゲート規模も小さかったものが,半導体製造技術の進歩により,低価格化,大容量化,高機能化が進みました.
従来,ASICなどの試作開発やCPU周辺のグルーロジックをまとめる用途で使われていたFPGAは,大容量化により周辺機能をどんどん取り込み,SoC(System on a chip)を実現できるレベルに達しました.
そして今日,ARMコアを内蔵したFPGAが登場しました.デュアルコア/800MHzというハイパワー・プロセッサを内蔵し,ユーザの手元でSoCが1個からでも実現できる夢のデバイスとなりました.
2013年は個人レベルで,量産メーカに負けない高性能な機器を設計できる時代になります.FPGAマガジンは,ユニークでオリジナリティのある機器を設計するエンジニアを全面的に支援することを目的に,大容量化,高機能化したFPGAをいかに使いこなすかをハードウェア/ソフトウェアの両面から,応用事例を交え実践的に解説します.

詳しくは >> こちらを参照   

メニュー